FC2ブログ
おススメのニュース&動画をピックアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白視聴率40・2% 2年ぶりの40%超え 

スポーツ報知 1/2(月) 11:53配信

紅白視聴率40・2% 2年ぶりの40%超え 

昨年大みそかの紅白歌合戦で紅組の勝利に喜ぶ(左から)松田聖子、石川さゆり、司会の有村架純

 2016年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の平均視聴率は、第1部が35・1%、第2部が40・2%だったことが2日、ビデオリサーチから発表された。

 昨年の「第66回」が午後9時からの第2部で記録が残っている1962年(第13回)以降で最低となる39・2%を記録。「紅白」の人気低下がささやかれたが、今回2年ぶりの40%超えとなった。

 今回は紅白計46組が出場。CDデビュー20年目で初出場のKinKi Kidsがデビュー曲「硝子の少年」を熱唱。初出場の宇多田ヒカル(33)が英・ロンドンからの生中継で連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を歌った。

 星野源(35)は人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌「恋」を歌唱。ゲスト審査員の新垣結衣(28)は審査員席で、はにかみながらラストで恋ダンスを披露。大ブレークのピコ太郎は1部終了時の新企画に渡辺直美(29)と出演。「PPAP」を披露した。AKB48グループ「夢の紅白選抜」では山本彩(23)がセンターに輝き、感動の涙を流した。

 また、企画コーナーではスペシャルゲストのタモリ(71)とマツコ・デラックス(44)が夫婦役で会場周辺を放浪。会場のNHKホールにゴジラが襲来したという演出も行われ、話題を呼んだ。(数字はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000032-sph-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

高畑充希、朝ドラで学んだ主演の難しさ「主役は受け身。持ち玉を全力で投げる脇役との違い」

オリコン 1/2(月) 8:40配信

高畑充希、朝ドラで学んだ主演の難しさ「主役は受け身。持ち玉を全力で投げる脇役との違い」

2016年の女優転機を語る高畑充希「朝ドラ前はネームバリュー的に主役は無理だった」(写真:逢坂 聡)

 2016年はNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』(NHK総合)の主演をはじめ、これまで以上にエンタテインメントシーンでの存在感を放っていた高畑充希。数多くの舞台に立ち、これまでにも経験を積み重ねてきている高畑だが、昨年はそれまで多かった3番手、4番手という役位置から、主役という場所へと移行しつつある転機の1年でもあったようだ。そんな高畑が現在の自身のポジションに向き合いながら意識の変化を語ってくれた。

【写真】2017年のプライベートも語ってくれたインタビューカット

◆朝ドラは「こんなキツいことは一生ないかも」というぐらいキツい時期も

――高視聴率をキープしていたことでも話題になっていましたが、半年間の朝ドラ『とと姉ちゃん』出演を経て、身の周りで変わったことはありました?
【高畑充希】 「忙しいでしょう?」と言われるようになりました(笑)。でも実際、あまり忙しさは変わっていないかもしれません。とくに、ここ3年は怒涛のように時間が過ぎていきました。

――ひとりの女性の一代記を演じる朝ドラでは、今までの作品になかった感触も?
【高畑充希】 単純にスケジュールがすごくて(笑)。演じることももちろん大事ですけど、ドラマで初座長だったので「現場を良い空気に」というのを一番気にしていました。私、そんなに明るくないので(笑)。風通しが良い現場になればと思いました。無理に我慢して「平気です」とは言わず、疲れたときは共演者とふざけたりもして。

――キツい時期もありましたか?
【高畑充希】 ありました。「こんなキツいことは一生ないかも」というぐらい。でも、ヒロインはみんなそうだったと思います。体や心を削りながら挑戦する作品だと思います。

――高畑さんの場合、キツさはどんな形で出たんですか?
【高畑充希】 台詞をただ覚えてしゃべる自分が悲しくなりました。台本5冊分ぐらいを一気に撮っていて、前後もバラバラで、たとえば居間での食事シーンをまとめてガーッと撮ると、自分が何をやっているのかわからなくなるときがあるんです。考える時間が作れず、台詞が自分の体を通る前に、途中で口から出ていく感じ。でも、出さなきゃ進まない。自分に対するストレスがすごくありました。朝ドラヒロインは、強くなるための修行でしたね。

――女優として、何か新たな扉が開いたような感覚もありました?
【高畑充希】 受け身に徹する難しさと大事さを知りました。私は映像ではあまり主役をやったことがなくて、3番手や4番手のときは自分の持ち球を全力で投げていて。それが朝ドラのヒロインだと、個性的な役者さんたちが私にどんどんボールを投げてくるんです。そこで受けることに徹するのはとても難しくて。

――主役は引っ張るイメージがありますが、受け身なんですね。
【高畑充希】 いろいろな人がいろいろな球を自由に投げてくるのを、ただ受けるもどかしさと大切さ。自分も受けてくれる人がいるから投げられたんだと、当たり前のことに気づいて、主役ってすごい仕事なんだなと思いました。

――つい自分から投げたくなるとか?
【高畑充希】 受けるより投げるほうが今まで多かったので。でも、どっちもできる人になりたいと思いました。今やっているミュージカル『わたしは真悟』でも、キャラが立った役というよりは受けに徹する役で。すごく難しいけど、朝ドラでの経験が生きている気がします。

◆周りの環境が変わっていくなかで自分が変わらないこと

――『わたしは真悟』は1月に東京公演があり、4月にも舞台『エレクトラ』に出演されます。朝ドラ終了後のヒロインは勢いに乗って民放の連ドラに出ていくパターンが多いようですが、高畑さんは次が舞台になったのはご自身の意向ですか?
【高畑充希】 私が希望しました。朝ドラをやる前からお願いしていて。舞台はずっと出続けていて、1年も間が空いたことがなかったので、朝ドラが終わったら絶対に舞台をやりたくなると思って。

――朝ドラヒロインを経ても、以前に話されていたように「ホームは舞台」という想いはありますか?
【高畑充希】 もちろんあります。自分自身が舞台ファンだから。映画やドラマより、舞台を観るほうが多くて。好きだから観たいし、やりたいだけなんです。あと、自分の周りの環境が変わっていくなかでも、舞台は稽古場に入れば平等。主役とか関係なく、みんなで力を合わせて作る。そこがすごく好きなんだと思います。

――『わたしは真悟』は門脇麦さんとのW主演で、同世代で実力のある女優さんとの掛け合いは刺激になります?
【高畑充希】 めっちゃ楽しいですね。通じ合える人とお芝居するのは。自分ひとりで行けるところは知れていて、相手がいてエネルギーをもらって返すことで、想像より先まで行けます。とくに同世代女子とやると刺激を受けるんですけど、そういう作品って意外に少なくて。でも、月9の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』とか昨年の『問題のあるレストラン』(ともにフジテレビ系)とか、ここ最近は同世代と絡む作品が続きましたね。

――『問題のあるレストラン』の二階堂ふみさんとやり合うシーンは緊迫感がすごくて。剣の達人同士が立ち合うような空気も感じましたが、役者として勝負する意識も?
【高畑充希】 それはないです(笑)。作品が良くなるのが一番だから、勝負してる場合じゃない!って。ふみちゃんとああやってガッツリやれたのは本当に楽しかったです。

――4月の『エレクトラ』はギリシャ悲劇で、重厚感ある作品ですね。
【高畑充希】 古典舞台は一度は通らなきゃいけない道なので、「来たか」と思いました。もともと私は15歳の頃から白石加代子さんに憧れていて、それを覚えてくださっていた白石さんが直接声を掛けてくださったんです。そこで「やります!」と言ってしまって、その後に作品が決まって「ヤバイのが来たな……」と(笑)。ギリシャ悲劇なんて思っていなかったので。

――もう台本は上がっていて?
【高畑充希】 はい。読んで白目になりました(笑)。ほかの人がやるとしたらかわいいそうと思うぐらいのセリフ量で、ずーっとしゃべっていて、ずーっと恨んでいて。恐ろしいですよ(笑)。でも、きっと「ここでひとつ壁を越えろ」ってことなんでしょうね。

◆朝ドラの前はネームバリュー的に主役は無理だと思っていた(笑)

――3月公開の『ひるね姫』では、アニメ映画の声優に初挑戦ですね。主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」もキャラクターの森川ココネ名義で歌っていて。今年は歌の活動も増えそうですか?
【高畑充希】 どうでしょう(笑)。ミュージカルで歌うのはお芝居と同じくらい大好きですけど、なかなかそんなに器用に全部できないので。今回は好きな曲だったので歌いたいと思いました。

――今回はキャラクターとして、歌い方もいくらか変えたり?
【高畑充希】 歌い方自体はとくに意識しませんでした。ただ、役としてマッチさせていくと、曲がぜんぜん違う見え方がしておもしろかったです。

――連ドラにもまた出演されるでしょうけど、そっちでも主役をガンガンやりたい気持ちはありますか?
【高畑充希】 ぜんぜんないです。主役向きの性格ではないと思うので。ただ、自分が変わって環境が付いてくるときと、環境が変わって自分が付いていくときがあるから、もしかしたら主役でいられる人になれるのかもしれないと、ちょっと期待もあります。朝ドラの前は、私のネームバリュー的にも無理だと思ってましたから(笑)。

――今はネームバリューも十分です。
【高畑充希】 やっと地方の人にも知ってもらえるようになってきたかな。でも、正直あまり実感はなくて。一番の希望は主役も端役もどっちもできることですね。主役であろうがなかろうが、おもしろそうな役なら何でもチャレンジしたいです。
(文:斉藤貴志)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000373-oric-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

柴咲コウ、大河初主演も重圧なし 謎多き直虎「余白があって作りがいある」

スポニチアネックス 1/2(月) 5:30配信

柴咲コウ、大河初主演も重圧なし 謎多き直虎「余白があって作りがいある」

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主演を務める柴咲コウ

 2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)がいよいよ8日にスタートする。主演を務めるのは女優・柴咲コウ(35)。戦国時代に遠江井伊谷(現静岡県浜松市)の女性領主として内政に手腕をふるった井伊直虎を演じる。放送開始が直前に迫った柴咲に胸の内を聞いた。

 「良くも悪くも大河ドラマに対する先入観があまりなく、思い描いているイメージは『大河ドラマ、すごい』というザックリとしたものしかないというのが正直なところです」と率直に語る柴咲。「福山雅治さんが主演を務めていた『龍馬伝』(10年放送)の打ち上げに声をかけてもらって参加したことはあります。堤真一さんもいらっしゃって、『何で出演者じゃないのに私たちいるんだろう…』と話しましたね。縁はあるなと勝手に思っていました」と笑顔で明かす。

大河ドラマ初出演にして初主演という“大役”。のしかかる重圧は相当なものと思われるが、「私は、課題が多ければ多いほど、大きければ大きいほど燃えるタイプだと思っています。プレッシャーという実感はないですね。自分ができること、目の前のことを精一杯やっていくのみだなと思っています」と静かに意気込む。

 肖像画が残っていないなど、関連史料が少ないことで知られる直虎。今月14日には、直虎とみられる人物が女性ではなく今川家の重臣の息子だったことを記した新史料が発見されたことも話題となった。だが柴咲は、この謎の多い人物像を前向きに捉えている。

 「他のドラマで演じる人物は完全に作られた人物が多いので、それに比べると少し演じやすさはあるなと思いますね。どういう顔立ちで、どういう服装で、どういう性格だったのかということは残されていませんが、それだけ余白があるので役を膨らませることができます。作り物としては、作りがいがありますよね。これがベースとなって新たな物語が生まれればいいなと思っています」

 昨年放送された大河ドラマ「真田丸」は、全50話の平均視聴率が16・6%を記録。「江~姫たちの戦国~」(11年放送)以来5年ぶりとなる期間平均16%超えを果たし、大河再興を印象づけた。ヒット作の直後ということもあり、否が応でも今作の視聴率に注目が集まることが予想される。「気にするのも分かります。一つの指標ですからね」と理解を示す柴咲だが、「演者が気にすることなのであろうかとは常々疑問に思っています。『ああ、こういうふうに思っているのか』『こういうふうに数字に出るのか』と客観的に受け止められればいいかなと思います」と述べる。

 直虎の一般的な知名度は決して高いとは言えないが、「サラリーマンが活躍するドラマがたくさんの人に見られているということもありますよね。(描かれる世界が)小さいから物語も小さくまとまってしまうということではないと思います。自分自身で見ることのできない大きい目線で描いたものを見せてくれることがエンターテイメントですが、小さな世界で生きている人たちを丁寧に描くことも一つのエンターテイメントです」と説得力のある言葉を展開。「自分たちの生きる社会において参考にできる部分があると思います」と今作の魅力を語った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000000-spnannex-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

藤田ニコル新年インタビュー 2017年もブレイクを継続へ「引き出しはまだまだたくさん!」

リアルライブ 1/2(月) 0:00配信

藤田ニコル新年インタビュー 2017年もブレイクを継続へ「引き出しはまだまだたくさん!」

(写真:リアルライブ)

 昨年、バラエティ番組などテレビに引っ張りだこだった藤田ニコル。2009年にファッション誌「ニコラ」の専属モデルとなり、以後、モデルとして着実にステップアップを重ねる中、その言動の面白さやキャラクターの特異性にもスポットが当たり、テレビの世界で一気に大ブレイク。フジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」では「キモうまグルメIN THE WORLD」の中で虫を食べる姿も話題に。2017年を迎え、今年の藤田ニコルはどこに向かうのか。本人に直接話を聞いてきた。

  昨年は大ブレイク。今年はどんな一年にしたいと思っていますか?

 藤田:2015年、2016年の自分と戦っていきたいと思っています。もっともっとお仕事を一杯したいって思っているんです。2015年はまだわたしも高校生。学校との両立がすごく大変でした。それが、もう学校のことは考えなくてよくなったのが去年のわたしです。ひとつひとつの仕事にすごく集中できたのがいい結果に繋がったと思っています。今年はテレビも楽しいけど一番はモデルを頑張りたいです。モデルからはじめたのでモデル業をすごく大切にしたいと思っているんです。マインドは今でもずっと渋谷。モデルを軸にバラエティも頑張ろうって。

  最近、すごく雰囲気が落ち着いてきたなと思うんですが。

 藤田:自分自身は実はあんまり変わっていないんです。でも、仕事や現場に慣れてきて、気持ちの上で余裕ができたということじゃないかなって思います。それが落ち着いた印象を与えているのかなって。顔は確かに少し大人になったと思います(笑)

  素顔の藤田さんはとても頑張り屋さんなイメージです。負けん気は強い方ですか?

 藤田:めっちゃ強いです(笑)ライバルを意識しないとやっぱり成長しないと思うんです。負けん気の強さが自分を成長させる大きな原動力のひとつになっていると思います。

  昨年は有吉さんの番組で虫を食べる姿が話題になったりもしました。

 藤田:そういうのもやっていけるポジションにいたいんです。可愛くとか綺麗とかだけでなく、バラエティもこなせる人でありたいって。

  今年も今の路線を継続しつつ、さらなる飛躍を狙っているわけですね。

 藤田:はい。自分の活動に共感してくれる人たちもたくさんいて、そういう人たちに「ニコルンがいるから頑張れる」って言ってもらえたりして、ファンがいるからわたしも頑張れる。自分の引き出しはまだまだたくさんあると思っています。自分でも見つけていない引き出しもたくさん。その引き出しを探しながら、今年も一年頑張っていきます。

(取材・文:名鹿祥史)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000001-reallive-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

<動画>河北麻友子、英語力を生かした仕事に意欲 CDデビューは「今年こそ!」 晴れ着インタビュー

まんたんウェブ 1/1(日) 22:00配信

MANTAN

 モデルで女優の河北麻友子さんが、晴れ着姿でインタビューに応じた。紺色を基調に、全体にしま模様があしらわれた個性的な振り袖で、「すごく独特のしましまが特徴的。鶴の模様が大人っぽい」と笑顔を見せる河北さんに、2017年の抱負や、昨年の活動について聞いた。

【動画】河北麻友子、超ミニドレス&ポニーテールでキュートに

 シックな色味の着物に、袖口や帯締め、髪飾りや口紅で赤を効かせた河北さん。2016年は「第29回日本メガネベストドレッサー賞」で今後メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる「特別賞」、「今年のクリスマスに男性が最もジュエリーをプレゼントしたい女性」に贈られる「第2回 クリスマス ジュエリー プリンセス賞」タレント部門、ネイルを愛する各界著名人の中から今年最も輝いている人に贈られる「ネイルクイーン2016」の女優部門、美しく輝くヘアスタイルの著名人に贈られる「ベストスタイリングアワード2016」と、自己最高の4賞を受賞して「いろいろ輝かしい1年だったと思います」と振り返った。

 中でも思い出深かった仕事は、フル3DCG劇場版アニメ「GANTZ:O(ガンツ:オー)」(さとうけいいち総監督・川村泰監督)の英語吹き替え版で、ヒロインの杏役の英語吹き替えに挑戦したこと。「英語で本格的にお芝居をさせていただくのは初めて。アニメの吹き替えは2回目でしたが、ヒロインをやらせていただくのも初めてだった」と喜んだ。吹き替えながらアクションシーンの演技も初体験し、手応えを感じた様子。「これからもたくさん英語を生かして、お仕事していきたいと思います」と笑顔で宣言した。

 一方、2017年にやってみたいことはというと「たぶん、去年の今頃も、きっと同じ事をいっていたと思うんですけれど……」と前置きしつつ、「歌が本当に好きなので、今年こそ、自分で歌ったりしたいなと思います!」とCDでのソロデビューを熱望した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000002-mantanv-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。