FC2ブログ
おススメのニュース&動画をピックアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋元梢 九重親方の死に「父の娘に生まれて、幸せです」

デイリースポーツ 7月31日(日)23時41分配信

秋元梢 九重親方の死に「父の娘に生まれて、幸せです」

秋元梢

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が7月31日午後5時11分、、膵臓(すいぞう)がんのため亡くなった。61歳。昨年6月に膵臓がんの手術を受けていた。次女でモデルの秋元梢(29)は同日深夜にツイッターを更新。家族に看取られて穏やかな最期だったことなどを報告するとともに、感謝の気持ちを伝えた。

【写真】12年12月、次女・秋元梢とイベントに登場した九重親方

 秋元は父が息を引き取る直前まで、ラジオの生放送の仕事をしていた。

 ツイッターでは、「7月31日17時11分に、父が膵臓癌で亡くなりました。最期は苦しむ事なく、家族全員に看取られて、息を引き取りました」と伝え、「今まで父を応援してくれた皆様に感謝申し上げます。父の娘に生まれて、幸せです。」と感謝の思いをつづった。

 秋元はこの日、午前11時40分から12時半までJ-WAVEで自身がナビゲーターを務める番組「CHINTAI TOKYO DISTRICT」の生放送を行っていた。

 番組終了直後にはツイッターにゲストのピース・綾部祐二とのツーショット写真をアップ。27日に迎えた29歳の誕生日をスタッフがケーキで祝ってくれたことを写真とともに報告していた。

 秋元は今月19日、都内でイベントに登場。すい臓がんで闘病中と報じられていた父について、報道陣から問いかけられたが、無言を通していた。

 父親譲りの力強い目元が印象的な秋元は3人きょうだいの末っ子。09年に芸能界デビューした際は、父が「やりたいことをやれ」と応援してくれたことを明かしていた。携帯の待ち受け画面は、1988年5月場所で優勝した際に優勝杯とともに赤ちゃん(自分)を抱きかかえた父の写真だった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000135-dal-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

「タイバニ」BD-BOXのジャケットは桂正和描き下ろし!ドラマCDなど特典も

コミックナタリー 7月31日(日)20時53分配信

「タイバニ」BD-BOXのジャケットは桂正和描き下ろし!ドラマCDなど特典も

「TIGER & BUNNY Blu-ray BOX」の特製ボックス。 (c)BNP / T&B PARTNERS  

桂正和がキャラクター原案とヒーローデザインを手がけたアニメ「TIGER & BUNNY」のBlu-ray BOXが10月26日にバンダイビジュアルより発売される。その特製ボックスのイラストを、桂が描き下ろした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Blu-ray BOXには特典として、オーディオドラマ「ブルーローズのミッドナイトアイスクリーム・リターンズ!!!!」を収録したドラマCDが付属することも明らかに。ドラマはブルーローズのラジオ番組が1日限りで復活することになるというストーリーだ。

出演は鏑木・T・虎徹役の平田広明、バーナビー・ブルックス Jr.役の森田成一、ブルーローズ役の寿美菜子、ロックバイソン役の楠大典、ファイヤーエンブレム役の津田健次郎、スカイハイ役の井上剛、ドラゴンキッド役の伊瀬茉莉也、折紙サイクロン役の岡本信彦、ユーリ・ペトロフ役の遊佐浩二。CDにはキャストによるトークも収められる。平田は「これだけのキャストが集まっての現場は久しぶりでしたが、何の違和感もなく楽しくできました。どう打てばどう響くかお互い分かっていますし、息のあっているメンバーですから、しゃべり出したら当時にタイムスリップしたような気分になりました」とコメントを寄せた。

また映像特典として、東京国際アニメフェア2013のステージで披露されたヒーローショー「TIGER&BUNNY Let's Believe HEROES ヒーローショー」を収録。このヒーローショーは初の映像化となる。

(c)BNP / T&B PARTNERS  


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000033-nataliec-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

廣瀬智紀、落とし穴シーンに充実感「貴重な経験」

オリコン 7月31日(日)17時54分配信

廣瀬智紀、落とし穴シーンに充実感「貴重な経験」

映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントに登壇した廣瀬智紀 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の廣瀬智紀が7月31日、都内で行われた映画『天秤をゆらす。』完成披露イベントに登壇。劇中、2回にわたって登場する“落とし穴シーン”の撮影を振り返り「穴が意外と深くて、恐怖感がありましたね…」と笑顔を見せた。

【写真】天秤ポーズをキメる染谷俊之、赤澤燈ら

 2度目の撮影では、落とし穴の場所がわからなかったようで「手が(地面に)残って、穴に入っていったから、傷ができちゃいまして、いまだに消えてないんですよ」と、なぜかうれしそうにアピール。「貴重な経験ですよね」と充実感をにじませると、同席した、染谷俊之と赤澤燈も「俺らも落ちたかった」とうらやましがっていた。

 同作は、万年モラトリアムなダメ男2人の成長を描いた映画『カニを喰べる。』、『羊をかぞえる。』に続く待望のシリーズ第3弾。今回は、超がつくほどのお人好し丸井裕之(廣瀬)にスポットを当てた、スピンオフ作品となっている。

 同作は、今冬公開予定となっている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000383-oric-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

小島よしお、結婚の決め手が「砥石を買ってきたんです」の理由

サンケイスポーツ 7月31日(日)14時45分配信

 今月18日に一般女性(28)と結婚したお笑い芸人、小島よしお(35)が31日、東京都内でDVD「小島よしお先生のやってみ体操」の発売イベントに出席。結婚後初の公の場で、幸せオーラ全開だった。

 お相手はウエディング関係会社勤務のOLで、「かわいらしい子で、インスタグラムに載っていますよ」と夫婦のツーショット写真を“初公開”。「(名前が)あいちゃんなので、『アイアンマン』と呼んでます」とノロケ、30日にはダウンタウンの松本人志(52)らに「おめでとう」と祝ってもらったことを明かした。

 結婚は前々から考えたといい、「5月に行ったイタリア旅行のときに、ピサの斜塔でプロポーズしようと思ったけど、言えなかった」と苦笑。格好いいプロポーズは失敗に終わったが、「6月末に、ベッドの上でハグしながら『結婚しよう』っていいました」とシンプルな言葉でハートを射貫いた。

 結婚の決め手については、「包丁のキレが悪くて、新しいのを買えばいいのに、砥石(といし)を買ってきたんです。ぼくは浮き沈みが激しい方なので、その姿をみて」と彼女の堅実ぶりに感心。挙式・披露宴は来年にやりたいと話し、「ドバイでやっちゃおうかな」と壮大な計画を語った。

 イベントでは子供たちとふれあい、「将来的には子供も授かりたい」と“よしおJr.”作りにも意欲的。「でも、1、2年は奥さんと色々なところに旅行したい。ああ、幸せですね~。ウエディング、オッパッピー!」と頬は終始、緩みっぱなしだった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000542-sanspo-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

ダウンタウン松本、ヒロミとの地元校対決を熱望、市立尼崎-八王子学園八王子

デイリースポーツ 7月31日(日)11時51分配信

ダウンタウン松本、ヒロミとの地元校対決を熱望、市立尼崎-八王子学園八王子

ヒロミとの地元校対決を希望した松本人志

 ダウンタウンの松本人志が31日、レギュラーコメンテーターを務めるフジテレビ「ワイドナショー」(日曜、前10時)で、今夏の甲子園大会で、で自身の地元にある兵庫代表の市立尼崎と、西東京代表の八王子学園八王子との対戦を熱望した。八王子はこの日のゲストコメンテーター、タレント・ヒロミの地元、東京都八王子市から初めて出場する。

 ヒロミは次男で西東京大会に出場した成城学園の小園隼輝捕手(3年)らと27日に西東京大会の決勝戦を神宮球場のセンター席付近で応援観戦。八王子学園八王子が東海大菅生を破って初の夏切符を獲得したことで、同日のブログでも感激の様子をつづっていた。

 この日も「八王子は自分が育った町だが、甲子園なんて考えられなかった。(準々決勝では)清宮君のところ(早実)にも勝ったし『決勝は行くぞ』とママ(松本伊代)を誘ったが都合がつかず、息子(次男)の友達を連れて一緒にチケットを買った。応援することもこれまでの人生ではなかった。生で見られてうれしかった」と興奮気味にまくし立てた。

 ヒロミによると、能界では歌手の北島三郎が来年市制100周年を迎える八王子市の応援団長、自身が副団長を務めており、ほかに同市出身で歌手のファンキー加藤、お笑いコンビ・アンジャッシュの児島一哉らも八王子学園八王子の快挙を喜んでいるという。ヒロミはさらに「八王子魂だ。4番の子は地元の中学だし、甲子園は(スケジュールが)空いていたら行くよ」と目を輝かせた。

 そんなヒロミの熱弁を、松本はやや冷めた表情で聞いていたが、司会の東野幸治から市立尼崎が33年ぶりに甲子園に出場することを聞くと、「市尼や~となりの学校やないか」と再認識。市尼-八王子戦については「ガラ悪いやろな」と話しながら、聖地での実現を希望していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000042-dal-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。