FC2ブログ
おススメのニュース&動画をピックアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室井滋 ドリー役で「ドジばかりでした」も感慨深げ

日刊スポーツ 6月29日(水)14時47分配信

室井滋 ドリー役で「ドジばかりでした」も感慨深げ

室井滋(左)と木梨憲武

 米映画「ファインディング・ドリー」(7月16日公開)の日本語版の声を担当する室井滋(57)らが29日、都内で会見した。

 13年前の前作「ファインディング・ニモ」でもドリー役を担当した室井は「今回もドリーをやらせてもらえるか、正直不安だった。いざ、本番になってもマイクに頭をぶつけたりドジばかりでした。私自身(物忘れの激しい)ドリー化して、タクシーの中に携帯を忘れたり、ガーデニングの道具を買いに行ったつもりが、いつの間にかカーテン売り場にいたり…。年のせいかもしれませんが」と感慨深げ。

 共演の木梨憲武(54)も前作と同じマーリン役。「吹き替えではスタジオで1人。5、6日こもってひたすら叫び続けて…。(製作の米)ピクサーさんは厳しいから、本社でチェック後の直し収録のスケジュールまでしっかり押さえられました」とディズニー・ピクサー社の厳密なアニメーション作りを明かした。

 今回が初参加となった上川隆也(51)と中村アン(28)は対照的に殊勝で「ピクサー作品は草創期から隠れかキャラを探すくらいのファン。とにかくうれしかった」(上川)「オーディションを全力で突破しました。この場に立てることが感激です」(中村)とそれぞれ笑顔を見せた。

 来日中で同席したアンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン共同監督からは「英語に合わせた動きなのに、まるで自然な日本語に驚きました」とそろってお墨付きをもらっていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000068-nksports-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momozo2013.blog.fc2.com/tb.php/1941-ff40a338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。