FC2ブログ
おススメのニュース&動画をピックアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松岡“二刀流”会見 自らメークで女装&スーツ姿で登場

スポニチアネックス 10月18日(火)5時1分配信

 TOKIOの松岡昌宏(39)が主演するテレビ朝日のドラマ「家政夫のミタゾノ」(10月21日スタート、金曜後11・15)の制作発表記者会見が17日、東京・六本木の同局で行われた。

 ドラマのほぼ全編に家政婦として登場する松岡は、まず女装で写真撮影に応じ、その後、スーツに着替えて再び姿を見せる異例の会見。出身地の札幌市を本拠地とし、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めたプロ野球・日本ハムの大谷翔平(22)の大活躍を受けて「僕も二刀流で攻める」と宣言した。

 会見ではまず、清水富美加(21)や余貴美子(60)ら共演者が待つステージに女装で登場した松岡。多数のカメラのフラッシュを浴びても無表情、無言のまま通し、最後に少し甲高い声で「家政夫のミタゾノです。痛み入ります」とあいさつした。それから控室に戻り約45分後、スーツ姿で再登場。自身の女装について「嵐の大野(智)、相葉(雅紀)に“待ち受けにするから写真を送って!”とちゃかされている。打ち上げは新宿2丁目でやろうかと思っている」と満面の笑みを見せた。

 清水は「私より脚が細いので嫉妬する」、余は「一緒にお風呂に入れる気持ち」と称賛。松岡が撮影初日に清水に胸をわしづかみにされたことを明かすと、清水は「きれいなおわん形だったので、つい…」と笑った。

 会見後、松岡は報道陣に対応。自身で女装メークを行っていることを明かし「15歳くらいの頃、時代劇で初めて京都の撮影所に行った時に“自分でメークできない人は役者じゃない”と教わった」と真剣な面持ちで語った。最初は女装メークに約40分かかったが、この日は約15分で終えたと胸を張った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000149-spnannex-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momozo2013.blog.fc2.com/tb.php/2825-e7142e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。