FC2ブログ
おススメのニュース&動画をピックアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カトパン」と呼ばれるのは複雑な気持ちだった…古舘&宮根と衝撃トーク

スポニチアネックス 11/4(金) 5:01配信

「カトパン」と呼ばれるのは複雑な気持ちだった…古舘&宮根と衝撃トーク

「ボクらの時代」に出演する(左から)加藤綾子、古舘伊知郎、宮根誠司

 日本を代表するフリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)、宮根誠司(53)、加藤綾子(31)が6日、13日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・00)でトーク番組初共演を果たす。売れっ子の3人が爆弾発言を連発。止まらない衝撃トークを繰り広げる。

 「ボクらの時代」は毎回さまざまなジャンルで活躍する3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。司会者を置かず、ゲストの気負わないトークのみで構成されている。

 古舘は12年間キャスターを努めたテレビ朝日系「報道ステーション」の知られざる苦労を明かす。実況が得意なあまり、通常のニュース読みでやってしまった失敗など、コミカルな話から自分の出演番組はすべて見返すといった徹底した仕事観まで古舘節で赤裸々に語る。

 古舘と初共演の宮根は、7年前に古舘と朝まで“2人カラオケ”したと告白するなどプライベートでの貴重な素顔も紹介。そして宮根が古舘に言われた「鉈(なた)になりなさい」というアドバイスの意味を明かす。

 今年4月末にフジテレビを退社した加藤はフジテレビ在籍時の秘話に触れる。「カトパン」と呼ばれ複雑な気持ちだった当時の正直な思いや、2014年「めざましテレビ」生放送中に倒れてしまった当日の詳細など、今まで深く語らなかった話題に古舘と宮根が斬り込む。

 加藤はフリーアナとして活躍する大先輩の古館と宮根について「お二人は同年代の男性アナウンサーではまったく考えられないしゃべりの量と、頭の回転の速さでした。“攻め”の人たちが多かったんだと感じました。今のアナウンサーは受け身の人が多いんだなと。テレビ越しで見るようなトークを目の前で見られたっていうのは、豪華だったなと感じました。この輪に入れてもらえて本当に光栄でした」と印象を語る。

 「とにかくお二人のやりとりが面白かったので、そこを邪魔しないようにと意識しました。自分をアナウンサーと言ってはいけないと思うぐらい、お二人のパワーがすごかったです。自分はまだ“アナウンサー”になれていないんだと。なってないうちにフジテレビを辞めてしまったなと…。『アナウンサーにならないうちに、もう辞めていた』。アナウンサーとして8年間やってきたつもりでしたが、全然違いました!アナウンサーというにはまだまだ失礼だと感じるぐらいでした。アナウンサーとはこうあるべき、言葉数はもちろんですが、豊富な知識から出てくる言葉のチョイスや例え話など、本当に圧倒されました」と大先輩から大いに刺激を受けた様子。

 番組内容について「ノンストップでトークしていって、いろんなところに話は飛びましたけど、あんなにトークだけで進んでいく、勢いのある収録はあまり経験したことがありませんでした。“アナウンサー”とはこういう人たちのことを示すんだということに分かってもらえるような回になると思います。目の覚めるようなトークをお楽しみください!」と興奮気味にアピールした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000164-spnannex-ent
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momozo2013.blog.fc2.com/tb.php/2961-7349784d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。